日帰り白内障手術

白内障手術とは

白内障の手術とは、濁った水晶体を取り除き、代わりに眼内レンズ(人工水晶体)を入れる手術です。
角膜の縁を2~3mm程度切り、水晶体の前嚢に5mm程度の孔を開けて器具を挿入し、超音波で核と皮質を砕いて吸引することで視力の回復をはかります。
摂津市・吹田市の福井眼科では「単焦点眼内レンズ(保険適用)」「乱視矯正が可能な単焦点眼内レンズ(保険適用)」「多焦点眼内レンズ(先進診療)」の3種類の手術を行っております。

白内障の症状

  • 視力の低下
  • 物がぼやけて見える
  • 物がかすんで見える
  • テレビやパソコンのディスプレイがまぶしい
  • 暗いところだと物が見えにくい
  • 一時的に近くの物が見えやすくなる

白内障の日帰り手術は当院にお任せください

適切な眼内レンズの種類、度数を選択し、めがねの使用頻度を減らします

白内障手術の完成度が高くなり、眼鏡の使用頻度を軽減できる、多焦点眼内レンズや乱視矯正眼内レンズを使用できるようになりましたが、眼鏡での矯正に頼らないかわりに、眼内レンズのピントを正確にあわせることが必要になっています。
最新の眼内レンズを使用しても、術後にピントが合わないと眼鏡の使用頻度を軽減することはできません。
そのため、摂津市・吹田市の当院では最新の眼内レンズの度数決定の検査機器を導入しています。
白内障手術の際に選択する眼内レンズの度数選定に必要な測定値の精度が向上し、さらに角膜(黒目)と水晶体との距離などが測定できるので、これまでの主流 の「SRK/T式」だけでなく、「HolladayII式」や「Haigis式」などの新しい計算式を用いることができます。
IOLマスター700を用いることで、従来よりも精度の高い眼内レンズの度数選定が可能となります。

惹起乱視の少ない目に優しい手術が受けられます

現在の白内障手術は、濁って固くなった水晶体を超音波で砕く超音波乳化吸引術が主流です。この白内障手術装置は最新の機器で、水晶体を効率よく砕くことのできるOZilトーショナルフェイコにより、侵襲の少ない目に優しい手術が可能になります。
また、眼圧内変動を減少させる灌流制御システムにより安定的に眼球が保持されるので、スムーズに手術を行うことができます。
さらに、従来よりも小さい切開創から眼内レンズを挿入することができるため、手術後の炎症が少なく、惹起乱視の少ない手術が可能となります。

 

アクセス便利なので通院も楽々

当院はJR千里丘駅からすぐのアクセス便利な場所にございますので、術後の通院のご負担を軽減することができます。

平成29年手術実績と白内障手術の待ち期間

平成29年の手術実績は、白内障手術506件(平成22年以来累計3004件・平成28年496件)と前年よりも増加致しましたが、対応できる手術数を増加させましたので通常1ヶ月程度の待ち期間で受けて頂くことができます。また、免許更新など様々な事情で手術を急がれる場合には、早急に手術を受けて頂くことも可能です。

白内障の手術の流れ

1.受診・診察

診察では、視力障害の原因が何であるかを調べます。水晶体(目のレンズ)が濁る白内障が視力障害の原因と判明した場合、手術が適応かどうかを判断し、手術をするか患者様とご相談します。

2.手術日決定・かかりつけ内科への問い合わせ・手術に必要な検査

手術に必要な検査、採血をさせて頂きます。白内障手術は局所麻酔で行いますので、全身の病気がある方でもほとんど手術は受けられます。ただし、高血圧・糖尿病・心疾患などの病気のある患者様はかかりつけの内科の先生に白内障手術の了解を頂きます。

3.手術に関しての説明

挿入する眼内レンズの種類、ピントの位置(眼内レンズの度数)について相談・決定します。
可能であれば、患者様だけではなく、ご家族の方々にも白内障手術について理解してもらい、手術に協力して頂きます。
そうすることで、快適な術前後の経過をたどることができるようになります。

4.手術前の注意点・点眼薬の説明・手術当日の説明(手術3日前)

注意事項

  • 手術後は入浴制限がありますので、手術日前日は体や髪などをきれいに洗っておくようにしてください。
  • 過度な飲酒は控えて、体調を整えておくようにしてください。
  • 術前の点眼薬は忘れずにさすようにしてください。

5.手術当日・白内障手術

注意事項

  • 手術予定時間の約1時間前にご来院ください。
  • 手術当日は、ご自身の運転による自動車やバイクでのご来院はご遠慮ください。
  • ご家族の付き添いがあるのが理想的です。
  • 化粧はしないでご来院ください。

6.手術終了後に生活の注意点を説明

注意事項

  • 強い痛みが出たらすぐにご連絡ください。
  • 術後見えていたのに、数週間以内にかすみだしたらすぐにご連絡ください。
  • 上の瞼を触らないように点眼してください。
  • 洗髪や洗顔は許可が出るまで行わないでください。
  • 首から下のシャワーは翌日から可能です。
  • 術後1週間程度は、飲酒はお控えください。
  • 術後1週間程度は、なるべく目の疲れることは避けるようにしてください。
  • 運動、散歩程度であれば翌日から可能です。
  • 術後1ヶ月程度は、水泳や激しい運動などは行わないようにしてください。
  • 定期検査、診察は必ず受けてください。

7.手術後の診察

手術翌日、翌々日、4日後、1週間後、2週間後、1ヶ月後、数ヶ月後と通院して頂きます。

単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの違い

単焦点眼内レンズ

  • クリアにピントが合う
  • 遠方か近方は眼鏡が必要となる

多焦点眼内レンズ

  • 手元から遠くまで見えるようになる
  • 眼鏡の使用頻度は少なくなる。あるいは完全になくなる

お支払い

保険診療による単焦点レンズを用いた白内障手術

高額医療費の還付について

70歳以上の方は高額医療費の還付適用となる場合が多いので、受付でご相談ください。

 区分還付金額
70歳以上の方

1割負担の方

2割負担の方

12,000円を超えた分
3割負担の方 44,400円を超えた分

1割負担の方

片目:13,000円程度

2割負担の方

片目:26,000円程度

3割負担の方

片目:40,000円程度

先進医療による多焦点レンズを用いた白内障手術

先進医療特約などの民間医療保険を使用できる方

手術の費用は先進医療特約などの民間保険で支払われますので、手術前後の診察又は検査は保険診療費のみのお支払になります。

先進医療特約などの民間医療保険を使用できない方

片目:400,000円(税込み)のお支払いと、手術前後の診察又は検査は保険診療が可能となりますので、保険診療の自己負担分のお支払いとなります。先進医療特約などがなくても、民間の医療保険や生命保険で日帰り手術特約などの契約がある場合は支払い対象となり、部分的に手術費用がカバー出来ますので、保険会社にお問い合わせ下さい。

後発白内障について

後発白内障とは、白内障の手術を受けた後、眼内レンズを入れた水晶体の膜が濁ることなどが原因で起こる病気です。
手術を受けた2~3割程度の方が、数ヶ月から数年かけて発症するとされています。
発症すると物がはっきり見えなくなる、物がかすんで見えるなどの症状が現れる場合がありますので、症状をお感じになった時にはすぐに摂津市・吹田市の当院までご連絡ください。
レーザーで水晶体の膜の濁りを取り除くことで、見え方の改善をはかります。レーザー手術自体は、痛みもなく数分で済みます。

072-625-1635